Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

本当のビフォーアフターって次の施術のときだという件

calendar

整体院のホームページを見るとよく出てくるのが
「ビフォーアフター」ですね。

ビフォーアフターが悪いわけではありません。
ただし知っておくべきことがあります。

注意喚起を込めてそんなことを書いてみました。

よくあるビフォーアフターの真実

よくあるのが施術前の姿勢と施術後の姿勢。。。
施術したらこんなに変わりましたよーって感じで

姿勢がよくなった、とか腕があがるようになった!とか
美容だと顔がちっちゃくなったよ!

なんてのもありますね。

たしかに施術でこういった変化を出すことや
変化を実感していただくのは大事なことです。

せっかく施術を受けるのですから、効果があった
ほうがいいし、実感できるに越したことはありません。

しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。
それは「この変化が永続するわけではない」ということ。

当たり前なんですけどね。。。

部屋を掃除して綺麗になっても定期的に掃除
しないとまた散らかってしまうのと同じです

一度の施術で変わったらそれが永遠に続くなんてことはありません

大事なことは「アフター」がキープできるかどうか

施術で変化を感じてもらえた時に、僕の院では

次回この変化した状態がどうなるか?が大事です

できるだけキープできているか?

また戻ってしまうのか?

とお伝えしています。

例えば1週間後の来院で姿勢の良い状態がキープ
できていれば、さらに施術をすることでカラダの
状態は前進していくでしょう

反対に、姿勢が再び悪くなっていたら

その時は1週間で再び姿勢が悪くなってしまう
要因を見つけ出して施術する必要があります。

場合によっては日頃の生活習慣を見直していく
べくヒアリングをすることも視野に入れたりします。

つまり、本当のビフォーアフターは次の来院時の状態
だと僕は考えています。

そのときの変化は参考程度にしておく

ビフォーアフターを見せていくのは大事なことです。
それは間違いありません。

でも、ちょっと考えてみると

  • 肩こり→姿勢がよくなった!
  • 腰痛→前屈ができるようになった!

あたりは症状との結びつきがイメージしやすいですが

  • 膝が痛い→姿勢がよくなった
  • 頭痛→腕があがるようになった

などはしっかり説明をしないと理解しにくい
そんな一面もあるかと思います。

僕の周りでは何かと施術後の変化を出さないといけない、
変化の実感を強調しようとする先生が多いのですが

実際には患者さんはよくなったという実感が
ほしいわけで。

その場での感動的な変化がほしいわけではありません。

なので僕はそんな施術後の変化はあくまでも
参考程度にしておくべきと考えています。

でないと、

  • あんなに変化があったのによくならない
  • 変化がなかったとによくなった

みたいに、頭の中もよくわからなくなります。

患者さんの欲していることはなにか?
どうしたら喜んでもらえるか?

しっかり考えてやっていきたいと思っています(^^)

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
最近の健康法が16時間ファスティング。
食事は13時〜21時のあいだのみ。ほかは水分だけです。

これをほぼ毎日やっています。
昼間はとくに制限なく食べているのでストレスもないし
オススメです(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。