Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

ソフトな整体とゴリゴリ整体とどっちが効く?

calendar

ボキボキする整体は怖いから嫌!という人もいます。
でも効果があるならいいんじゃない?という人も

じゃぁ実際のところソフトな整体とハードなゴリゴリ系の整体。
どっちが効くの?という話。

僕の見解を書いてみました

効くか効かないかを決める2つの要素

結論から言えば、どっちも効きます。
ただし、効かないこともある。

その理由はおもに次の2つ

①受け手のタイプ

専門家向けに書いていないので詳しくは書きませんが、

  1. 外胚葉(皮膚・神経・感覚器)
  2. 内胚葉(消化器・呼吸器・尿路)
  3. 中胚葉(筋肉・循環器・骨格)

の3つのタイプに分かれます。

外胚葉の人は神経に対する依存度が高い。
内胚葉の人は消化器や呼吸器に対する依存度が高い。
中胚葉の人は筋肉や循環器への依存度が高い。

という感じです。

なので外胚葉タイプはちょっと神経質傾向。
内胚葉タイプは内臓が強くてお酒好きな傾向。
中胚葉タイプはスポーツマンタイプ。

そんな感じです。

なので神経質な外胚葉タイプはソフトな整体を好みます。
ボキボキしたりグイグイされると過剰に疲れてしまうから。

反対に中胚葉タイプはグイグイ系が好き。
昔の肉体労働系の人の腰痛はこれが多いです。

このようにタイプに合わせて整体の内容を決めることができます。

②カラダの状態

もうひとつがカラダの状態で、これは

  1. 機能
  2. 構造

に分かれます。

ちょっと難しいですが、要は構造的に破綻している、
つまり靭帯が切れているとか関節が変性している。

とかレントゲンやMRIで何かしらの変化がある場合。

これはグイグイやったりしないと良くならないことがあります。

よく○秒で改善!なんて整体のDVDがあったりしますが
これはすべて機能性の問題に対する整体です。

○秒で切れた靭帯がつながったら奇跡です笑

と、ここまで見ると結局は総合的判断。となってしまいますね。
まぁ当然といえば当然です。

でも「ボキボキ系は嫌」というイメージがありますよね。
なぜなのでしょう??

ボキボキ系の悪いイメージはメディアのせいもある

「首をボキボキするのは怖いのでやらないで〜」
と患者さんに言われることがあります。

たしかにボキボキするのは見た目も派手だし音も聞こえるので
刺激的で怖いな、って感じてしまいます。

でも、いちばんの問題はテレビなどメディアのせいでもある。
と僕は考えています。

とくに芸人さんに罰ゲーム的に首をボキボキしたり足つぼしたり。
これがいちばんの問題ですね。

  • ボキボキされたあとの驚いた顔
  • 足つぼを押されて悶絶した顔

あれを見て「自分も受けてみたい」って思いませんよね^^;

イメージってやっぱり大事。どうせ受けるなら気持ちのよい方が良い。
わざわざ痛くて我慢を要する方を選ぶ人はそういません。

それでも「それでよくなるなら我慢する」という人は多いでしょう。

ちなみに僕のところでもボキボキはしないけどゴリゴリ・グイグイはあります。
でもそれは必要だからやる。でもソフトな整体もやる。

これは僕のやり方が上述したタイプやカラダの状態に合わせているから。

まぁ結局は患者さんに喜んでいただければいいわけです^^;

とりあえず信頼できそうな人に任せてみる

もし自分にはソフトな整体、ハードな整体どっちがいいの?
とわからない場合は

まず自分のカラダを安心して任せられる人を探したほうが良い。
ソフトかハードかはその先生が決めること。

そんなスタンスがいいんじゃないかなと

なぜ整体を受けるのか?その理由は
「カラダの不調を改善したいから」ですよね。

であるならば僕はまず「人」から選んでいくことがいいと思います。
こんなに整体があるので技術や設備で選ぶことはなかなか難しい。

そう思うから僕はこうやってブログ書いたりSNSしたりしているわけです^_^

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
汗をかきながら寝るのはカラダがつかれるのでNG。
ということで我が家ではエアコン全開で寝ています。

昔は扇風機だけで寝ていたのに〜

という人、いますよね。
ぜひ80年代の8月の気候と比べてみてください。

いかに暑くなっているかわかります。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。