Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

バスケ日本代表の不祥事|公式ウエアを軽視するのはなぜ?

calendar

reload

夏の甲子園は金足農業が大躍進。スポーツの楽しさを存分に魅せてくれています

しかし、そのウラで続くスポーツ界の不祥事
僕が「喝!」というわけではありませんが、思うところを書いてみました

バスケ日本代表の不祥事

バスケ不祥事 4選手の所属チームが謝罪

こんなニュースが昨晩出ていました
テレビでもやっていたのでご存知のかたも多いはず

不祥事というか、情けないというか…
なんとも後味の悪いニュースです

あまり細かく書いているとイライラしてきます笑
なので詳細はあえて書きません

個人的に思う「服装の文化」

この一件での主な問題は

  • 公式ウエアで歓楽街にいったこと
  • 買春をしたこと

の2つです

買春に関してはそもそも人として問題ですので論外
見解を述べることも、擁護の必要もありません

なのでここではもうひとつの「公式ウエアででかけたこと」
ここに焦点をあてていきます

個人的に思うところがあり、個人的なSNSでも書いたのですが

学生時代からチーム名や学校名の入ったモノ着て、看板背負ってる意識ゼロで街中でウロつける無神経さが問題

僕の意見はこんな感じ

都市部ではよく目にする光景なので分かる人も多いはずです
「◯◯大学◯◯部」とロゴや名前の入ったグッズを身に着けた学生さんたち

彼らが道端で大声で騒いだり、道幅いっぱいに並んで歩いていたりします
電車でもワイワイ騒いでいて周りに迷惑をかけているシーンもよく目にします

そんな光景を目にした一般の方の中には
「◯◯大学はマナーの悪い学校」
というイメージを抱いてしまう恐れがあります

きっとこの日本代表の選手たちも例外ではなかったはず
学生時代からチームウエアで街中をウロツイていたでしょう

ちょっと想像すればわかるようなことだろうに…
そんな風に感じてしまうのですが

当の本人たちとしてはもはやただのスポーツウエアに過ぎなかった
もしそうだとしたらそれもまた悲し話です

ピンチもチャンスにするために

SNS上ではこんなコメントがありました

プライドを持てるような組織や待遇をする必要もあるかもですね。
学校や組織はスポーツを普段は”課外活動”として扱い、勝てば”学校行事”として扱う、そんな事の延長なのかもです。

要は学校の看板を背負ってプライドをもってプレーする環境でない
ということでしょうか

ここ最近多いスポーツ界の不祥事
多いからこそ襟を正して変わっていくチャンスでもありますよね

ピンチと思わず、大きく変われるチャンスなのかも
あえてそう捉えることがここを乗り切るいちばんの方策です

僕にできることはそんなにないかもしれません
でも、何かしらできることはあるはず

そんな想いもあるので僕なりに働きかけしていければと考えています
何か妙案が思いついたわけではないのですがね笑

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
明日は休診日ですが朝から都内へ
代々木→新宿のコースで夜まで

子供と一緒に過ごせないので断腸の思いです^^;

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。