Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

言いたいことは短い言葉で言えるように

calendar

良い世の中で表現の場はいくらでもあります。
でも、いくらでもありすぎて埋もれてしまいそうに。

SNSとかいろいろ見ていて感じたことを書いてみました

Instagramをやっていて

最近Instagramの更新を頑張っています。

こういったブログともホームページともまた毛色が
違うのでその勝手の違いにやられています笑

とくに違うのが「文字制限」
ブログだと逆に1000文字は書いたほうが良い、
とかあるけれどもInstagramのようなSNSは逆

疲れない、程よいボリューム感が問われます。
でもその中で伝えたいことは盛り込まないといけません。

これ、やってみるとわかりますがけっこうたいへんです。
たいへんなので挫折する人が続出します。

ということは!

そうです。反対に言えばマスターした先にはチャンスがある。
とも言えるのです。

究極はTwitterの140文字

Twitterは140文字という制限があります。
140文字で言いたいことを言うのはけっこうたいへんです。

なので、Twitterで言いたいことを1回のTweetに込める。
これができるようになったら最強だな、と思います。

間違っても「続く↓」とか「その①」とか使うのは反則笑

たまにYouTubeとかでも「◯◯について その③」みたいな
タイトルでやっているのを目にします。

正直さかのぼってその①もその②も見たりしないよ。。。
って思います。だって探すの面倒だもん^^;

テレビドラマとかそうですよね。
前回のあらすじーとかないと話についていけない。

ついていけないのでなんとなく見なくなる。
気がつくと途中で見るのをやめている。

僕は毎週同じ時刻にテレビの前に座るのも嫌なので
連続ドラマはあまり好きではありません。

1話完結の刑事ドラマみたいなのがいいですね。

同業者の先生はやったほうがいいよ

つまるところ、自分の言いたいことを端的に言う訓練になります。
これは日々患者さんに何かを伝えるときにも役立ちます。

  • 短い言葉で
  • わかりやすい言葉で

相手に伝えるスキルは持っていて損はありません。

患者さんからよく、
「◯◯市でいい先生知りませんか?」
と聞かれます。

僕の院には通えないところにお住まいのご友人やご家族に
紹介したい、ということでそんな依頼をよく受けます。

そんなとき、僕も対象地域の先生のホームページとか見ますが
とにかく話が長い!何を言いたいかわからない!
というページがとにかく多い。

話が長い前に、文字ばかりの「石板」状態なのはもっと問題^^;
途中に画像や図を挟みましょうね笑

なので見ていてとてももったいないなぁと思います。
同業者は見ればよいかどうかなんとなくわかるので
いいですが、整体に詳しくない人には絶対選ばれません。。。

ホームページがあっても選ばれないのでは存在していないも同じです。

今僕はこうして短い言葉を使うことの大切さを感じる機会が
あって本当によかったと思っています。

今のうちにしっかりものにしたい!
そう思う今日このごろでした。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
先週5本の動画を撮りましたがしゃべりが納得いかず。
うち3本撮りなおしです笑

文章も喋りも端的で上手になりたいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。