Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

整体の先生は頼りにされることがいちばんの喜びです|誰のお役に立ちたいか

calendar

reload

整体の先生は頼りにされることがいちばんの喜びです|誰のお役に立ちたいか

整体院というところにはいろんな症状で患者さんが来られます。
すぐよくなって来なくなる方も、その反対で何年も来られる方も。

どちらがよくて、という話ではありませんがいいことがあったので書いてみました。

駆け込みで来院された方の話

1月も後半に差し掛かったある日。急に首が動かなくなった!
ということでご予約いただきました。

その時の話は院のInstagramでも紹介しました(^^)
あ、ついでに宣伝。よかったらInstagramのアカウントもフォローしてくださいね笑

なんで~~~このタイミングで!!

というくらい私の体はタイミング悪く悲鳴を上げる。

この仕事にはつきもの??それとも私が悪いのか?

 

借金で!首が回らなくなってしまいました!

あ!!借金ではなく💦私の体の構造の欠陥と疲労でした。

 

昨日急きょ来院。先生・・・助けてください・・・

と 泣きの私に

わかりました!大丈夫ですよ!! の先生の言葉に安心して若干ウルウルの私

 

そして今日は♪残りの仕事ができるまでに♪

先生の言いつけを守って体をいたわりながら朝から追い込み作業です。

 

先生ありがとうございます!そしてこれからもよろしくお願いします!!

施術後にはだいぶ首も動くようになって安心されたご様子でした(^^)

別に自分が良い仕事をした!という満足感をアピールしたいわけではなく。
ここで嬉しかったのは緊急時に自分のところを真っ先に思い出して来てくださったこと。

このように頼りにしてくださっていることが嬉しかったんですね。

何かあったときすぐに力になれる存在でありたい

このように自分を頼りにしてくれるということは非常に嬉しいことです。
もちろんそこにはプレッシャーもないわけではありません。

でも、そのプレッシャーも含めてやりがいを感じますよね。

「先生、きょうは◯◯がツライんですがどうにかなりますか?」
なんて言われると、張り切っちゃうものですよね。

自分の仕事で少しでも安心してほしい

そんな感情を提供できるのもこの仕事の醍醐味です。

反対に力になれなかったら反省するし、勉強もします。
この世のあらゆる不調を改善できたら理想ですが。

もしそれができたら本当に神になっているかもしれませんね笑

喜んでもらえる=評価される、という事実を大事にする

僕たちのカラダは言うまでもなくひとつしかありません。
スタッフが3人いたとしてもカラダは3つ。そこには限界があります。

だからこそ「自分は誰のお役に立つために仕事をするのか」ってとても大事。

もちろん「こんな人のお役にたちたい!」って思うのは大切です。
でも、同時に「自分を心から頼りにしてくれる人」の存在を無視してはいけません。

今の僕の考えとしては「誰の役に立ちたいの?」って聞かれたら
・カラダの不調でやりたいこができない人
・かつ、自分のことを頼りにしてくれる人
と答えます。

まぁこの問に正解も不正解もありませんけどね。
自分の導いた答えと想いに日々応えていくのみですね。

こんな想いをもっと多くの方に知っていただきたいし、賛同していただけたら嬉しいですね(^^)

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
先日プリキュアシリーズが新作に代わりました。
第1回の放映日にはすでに新キャラクターたちの商品が出ていました。。。

恐るべし笑

この巧みなマーケティング商法にハマらないよう気をつけたいものです笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。