Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

新年度から変わること|従業員の満足度

calendar

明日から4月。新年度のはじまりです

何か新しいことを始めたり、区切りにしよう!
そう考えるにはいいタイミングですよね

僕も4月から取り組むことがあります
取り組む理由や考えについて書いてみました

4月からの変更事項

4月から僕の院では1日の営業時間を変更
午前、午後ともに1時間づつ計2時間を短縮します

少なからず患者さんからの反響がありました
今まで来ていた時間に来れなくなる方がいますからね。当然です

でも、今回の変更は1年前くらいから用意していた計画
院がもっと良いところになるためには必要な施策です

営業時間を短縮すると何が起こる??

スタッフサイド

整体院という仕事は患者さん(お客さん)と基本1対1の仕事
イメージとしてはどうしても
「営業時間が短くなる=売上が少なくなる」
と思ってしまいがちです

1日あたり2時間営業時間が短くなると、
1ヶ月の予約枠は当然少なくなります

20日稼働だとすると、80枠減ることに
これだけ見れば売上が下がるのでは?
と感じてしまっても当然です

それでもなぜ営業時間を短くするのか?

理由はこうです
「スタッフの提供するサービスのクオリティをあげる」

長時間の労働はスタッフの疲弊を産みます
疲れた状態で良いサービス提供はできません

僕の院のモットーは「患者さんに喜んでもらうこと」
良いサービス提供なくして喜んでもらうことはできません

患者さんサイド

「いままでの時間がダメならもう来ないよ!」
そんなことを言われて、患者さんが減るんじゃない?

そう同業の先生にも言われました
たしかにそういう人もいるかもしれません

でも、それはそれでいいじゃないですか
むしろ、逆にこう言ってくれたら嬉しくないですか?

「予定をやり繰りするからこれからも通うね!」と

あなたならどっちの患者さんと仲良くしたいですか?
言うまでもありませんね

僕の院を気にってくださる方と、今まで以上のおつきあいができる
より理想的な治療院運営ができるようになると期待しています

いちばん大切にしたいこと

顧客満足度という言葉もありますが
まずは従業員の満足度を優先したい

これが僕がずっと考えていること
もちろんまだまだ充分ではありません

スタッフは「超満足!」とは感じていないでしょう
これからも環境整備には心を砕いていきます

まずスタッフが心地よく働ける環境にする大切さ
これは以前の記事「整体師の体調管理」でも書いています

自分1人では限界があります
一人でも多くの方に喜んでもらうには助けが要るのです

今回の営業時間変更はそのための小さな一歩
小さな一歩でも着実に前進しているはず

これからも良いチームをめざします
これからの成長も見守ってくださると嬉しいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
今日はバタバタでブログ更新も遅くなりました
これから月締めの作業に取り掛かります

スタッフは定時で帰るが経営者は…
あぁブラック企業笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。