Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

毎日を楽しく過ごすコツ「主体変容」のススメ

calendar

僕のテンションをあげてくれるアイテム。スニーカー。
ナイキのコリン・キャパニックモデル。友人が譲ってくれました(^^)

職場でのトラブルの多くは「カネ」か「人間関係」。
なんてよく言われます。

カネはさておき、人間関係のトラブルは僕もたくさん目にしてきました。
僕自身も色々と経験してきました。それなりに^^;

そんな僕が「毎日を楽しく過ごす」また他の方から
「毎日楽しそうですね〜」と言われるように意識していること。

そんな考え方を書いてみました。

過去と他人は変えられない

仕事をしていくうえで、人との繋がりを経つことはできません。

ひとりでビジネスをしていてもそこにはお客様がいるわけですし、
パートナーや取引先とのやりとりは必ず発生します。

そういった「他人」との関わりがうまくいくか、いかないか。
うまくいけば毎日を楽しく過ごせるのは言うまでもありませんよね。

そこで覚えておきたいこと。それは

過去と他人は変えられない

ということ。

では変えられるのは?そう自分ですよね。
これが「主体変容」という考え方です。

人を変えようとせず、自分をいかに変えていくか?
コントロールできる自分のアタマや行動にフォーカスする。

そうすることで、

なんでアイツは仕事ができないんだ!とか
なんであの会社は仕事が遅いんだ!とか
なんであのお客様は話を聞いてくれないんだ!とか

といった余計なストレスで自分の心がダメージを追ったり、
それによりひどく疲れてしまう。そんなことも少なくなります。

ポストが赤いのも自分のせい

一倉定氏の「社長学」という本の中だったかと思いますが、

電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である。

「社長が知らないうちに起ったこと」でもすべて社長の責任なのだ。

のような一節があったと記憶しています。

こういうことです。

電信柱が高いのが本当に嫌なら、社会に働きかけて変えればいい。
ポストが赤いのも嫌なら黒にでも黄色にでも変えるべく働きかけることもできます。

でもしない。しないなら電信柱もポストもそのまま。
何もしない自分の責任なのである。

仕事に置き換えれば、

仕事ができるように一緒に目標を設定してあげる
目標を達成できるように細かいアクションプランを作らせる

など、目線を変えるだけでできることはたくさんあることに気づくでしょう。

すべてを「自分ごと」にして影響力のある自分を目指す

「話を聞いてくれない人に一生懸命働きかけても余計に疲れるだけだ!」

なんてそう感じる方も多いかもしれませんね。よくわかります笑

でも、そんなときこそ主体変容なのです。
ちょっと考えてみましょう。

例えば、見ず知らずの人にいきなりこんなことを言われたとします。

「もっと毎日を真剣に、高みを目指してやっていくべきだよ!」

どうでしょうか?「ありがとうございます!」「はい!そうします!」
って言いますか?まぁ言わないですよね^^;

では同じセリフをイチロー選手に言われたらどうでしょうか…?
少なくとも僕は有り難い言葉だと受け取るでしょう。明日からの行動に変化があるかもしれません笑

つまりは誰が言うか?受け手から見れば、「誰に言われるか?」。
主体変容という観点から見ると、ここは自分ごととして捉えます。

まだまだ自分の言葉で動いてくれるほどの影響力がないんだな。
だからもっと自分を高めていこう。人間力を上げていこう。

そんな風にも解釈できます。

言うことを聞かせようと、あの手この手を尽くすことにエネルギーを費やすか。
それとも自分を高めていくことにエネルギーを費やすか。

どちらのほうが日々楽しくなるか。言うまでもありませんよね(^^)
どうせなら毎日は楽しいほうがいい。当然です。

そのためにもこんな考え方があることをぜひ知っていただければ幸いです。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
久々にブログを書きました。時間がないことを言い訳にせず、
時間を確保して「どうしたら書けるか?」というビジョンでやっていきます。

このあたりの考え方もまた書いていこうと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。