Life Is Play 人生は遊びの連続

なりたい自分になって人生を楽しむ

最近買った本3冊ーここから見えることー

calendar

本はもっとも安い自己投資。
そんな風に言う人もいるくらい、読書は良いものです^^

最近僕が買った3冊を紹介。そこから感じたことを書いてみました。

1冊め「どんな男になんねん」鳥内秀晃

アメフト好きなら誰もが知る関西学院大学の元監督鳥内氏。
監督ですが技術や戦術でなくかなり「人」にフォーカスしている人。

とくに凄いのは毎年シーズンはじめに行う個人面談。

200人以上いる部員全員と個人面談をするのだそう。
1人30分として、1日8時間でも16人。全員終わらせるのに半月くらいかかります…

面談の中で選手に「どんな男になんねん」と問いかける。
そんな鳥内氏の考え方が垣間見れます。

2冊め「売上を減らそう」中村朱美

佰食屋という、1日百食しか提供しないステーキ丼専門店。

普通に考えれば売上をあげなければやっていけなくなります。
減らしてもいい、それでもうまくいく。その理由は何なのか?

僕はそこに非常に興味が湧きました。
なぜそのような思考にたどり着いたのか?

答えは本を読みましょう笑

帯の

社員を犠牲にしてまで「おうべき数字」なんてない

というフレーズも非常に刺激的でした

3冊め「心」稲盛和夫

有名な方ですのでこの本もすでに読んだ!そんな方も多いかも。
もし読んだことがなければ読んだほうがいいですね。

僕の周りにも「利他」という言葉。よく使う方がいます。
聞いていてなにかしっくり来なかったのですがその理由がよくわかりました。

ここまで相手のことを考えないといけないんだな。
ここまで徹底した考え方があってのことなんだな。

そんな気付きが随所にありました。

ネタバレはしません笑

感じたこと

仕事に繋がりそうだな〜というような本ばかり。
と、タイトルを見ただけで感じるところですよね。

でも、昔はもう少しノウハウ寄りな本が多かった。
最近はこんな風に「考え方」とか「在り方」みたいな本が増えました。

どっちがいい、ではなく。今の流行り、マイブームなんだと。
ただそんな自分を応援したいし、成長できていればいい。

そんな部分にフォーカスして読書を楽しんでいます^^

詳しく書くとネタバレでつまらなくなるので書きづらかったです笑
気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||
【編集後記】
自粛ムードが強まる中、オンラインでのセミナーが増えました。
きょうは月齢の勉強会なのですがこちらもオンライン。

初のライブ配信なので楽しみです^^
うまくできるかドキドキですが笑

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。